2008年05月11日

08GW ゆるり山陰路

GWが1wほど後ろにずれたので
まだ知らぬ、山陰へ行ってきました。

IMG_4599.jpg

漠然とした旅の目的は、
山陰の海岸線に沿って、敦賀から萩あたりまで
行けたらいいなあ。というところ。
あとは、走りながら考えよう、時間はたっぷりある。
天気が良かったら大山に登っておきたいので
登山セットは持ってく。
節約のため、できる限り、テント泊。(テントも持ってく)
(車内泊できるように、リアタワーバーは外す。)
出るときは、こんな感じ。

帰ってきてみると、いろいろとごっちゃリしてるので
整理しながら、少しずつ、アップしようかと思います。


==<< 行程の整理 >>=======================
こんな感じの旅でした。

5/4 一路、山陰へ
天気:曇り
行程:横浜 〜 どこかのPA
深夜発。高速で敦賀ICを目指す
・どこかのPA(仮眠)

5/5 友人と再会、そして砂の惑星
天気:曇り、ときどき小雨
行程:どこかのPA〜道の駅大栄
・丹後半島ぐるり(伊根)
・友人の実家と温泉
・竹野海岸
・香住海岸
・余部鉄橋
・鳥取砂丘
・道の駅 はわい(夜景)
・道の駅 大栄(泊)

5/6 ぶなの新緑が眩しかった
天気:快晴
行程:道の駅 大栄 〜 道の駅 キララ多伎
・大山トレッキング
・皆生(かいけ)温泉
・出雲大社
・宍道(しんじ)湖
・日本海に沈む夕日
・道の駅 キララ多伎(泊)

5/7 嵐の後に、猿が騒ぐ
天気:快晴
行程:道の駅 キララ多伎 〜 田万川キャンプ場
石見(いわみ)というのは、この地方の地名(令制国の名前)らしい。
・石見銀山
・温泉津(ゆのつ)温泉
・田万川(たまがわ)キャンプ場(泊)

5/8 松陰を生み、志士を生む
天気:晴れ
行程:田万川キャンプ場 〜 石鎚スカイラインのゲート
・松陰神社
・松陰誕生地
・松陰、晋作の墓
・彦島
・尾道(マフラー修理)
・しまなみ海道(高っ!)
・石鎚スカイライン、ゲート前駐車場(泊)

5/9 岩、岩、岩
天気:曇り、のち雨
行程:石鎚スカイラインのゲート 〜 祖谷渓のキャンプ場
・面河(おもこ)渓
・石鎚山トレッキング
・祖谷秘境の湯
・祖谷渓のキャンプ場(泊)

5/10 風雨の中
天気:雨
行程:祖谷渓のキャンプ場 〜 どこかのPA(東郷あたり?)
・かずら橋
・剣山トレッキング
・岩戸温泉
・明石フェリー(謎w)
・明石で迷走(深謎;;)
・どこかのPA(東郷あたり?)(仮眠)

5/11 遥かなる家
天気:雨
行程:どこかのPA(東郷あたり?)〜 横浜
・ひたすら高速を
posted by jun at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登りレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

旅にでます。

安部芙蓉美の1st「ブルーズ」を旅の友に
西の方へぷらり行ってきます。

基本は海岸線をまったり移動、
天気がよければ、山にでも登ってきます。

GWが半週ずれているので
後半は、のんびりできそう。
posted by jun at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

0429 かぐら

かぐら行ってきました。

怪我をしてから1ヶ月半も空いてのスキーだったので、
かなりドキドキしたが
最後の方は、怪我のこともすっかり忘れて、
思う存分に暴れてきました。

天気もこれぞ春スキーというようなド快晴。
ほんと暑い暑い。

今期1級をとったイケイケコンビは
すっかりコブフリークになっててびっくり。
楽しそうにコブに入っていくのを見て
負けじとコブに入った。
いやー、コブって楽しい。

先生に
ラインの選び方など丁寧に教えてもらって
かなり、楽〜にコブ楽しめた。

こんなにコブを滑り続けたの久々。

帰ってほっとしたら、怪我した膝の内側靭帯が
少しピリピリしている。

今年は無理せずに、丁寧に使って行こう。
posted by jun at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

散歩

今年の春スキーは、それほど気持ちが乗ってこない。
去年までだったら、多少怪我してても無理に行ったかもしれない。

今は無理せずマイペース
春の低山に行ってきました。

少し大人になったか?

IMG_4456(鷹巣山付近).jpg
posted by jun at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

ひかりのまち wonderland

「ひかりのまち」(wonderland 1999年英) を観た。
ロンドンの都会の喧騒の中のよくあるような人々の生活が、ドキュメンタリー風に断片的に淡々と進む。
狙ったような美しい景色ではなく、ありふれた街中で、みなが普段感じ通り過ぎてきたような生活と景色が丁寧に紡がれている。
その中に不器用さとか、孤独とか、後悔とか、愛おしさとか罪悪感とか、人生の様々な要素が、人生そのもののように織り交ざり、マイケル・ナイマンの美しい旋律に乗ってすっと心に染み入ってくる。
映画とこの世界への愛情すら感じる。

ものすごく好きなタイプの映画で、間違いなく殿堂入り。
とはいえ、苦手な人には、まったりした流れなので、退屈に感じるだけかもしれない。ヒューマンドラマ系が好きな人は、はまるだろう。
もう一回、丁寧に観直すと、またいろいろなことが見つかりそう。
他ごとをしながら、だらっと流して、BGMのように楽しむのもよさそうだ。
いい映画だった。めぐりあいに感謝。


posted by jun at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿部芙蓉美の1stアルバム「ブルーズ」

かなり注目しているアーティスト阿部芙蓉美の1stアルバム「ブルーズ」が4月30日にやっとリリース。
Fuyumi Abe HP(http://www.abefuyumi.com/home/

阿部芙蓉美さんのHPの「いきもの太郎」というブログパーツ。↓
「青春と路地」が流れる。
posted by jun at 10:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

R35 GT−Rを見に行ってきました。

おとついの会社帰りに近くの日産レッドステージに寄ったが
R35−GTRはおいてなかった。
R35 GT−Rの試乗はどこもやっていなくて、しかも、車の実物も東神奈川の本社くらいしか置いてないということです。
連絡すれば、予約を取って本社まで連れていってくれるそうです。

なんか、今までのGT−R以上に特別な扱いの車のようです。
値段もさることながら。

そんな特別な車を見に行くときに、
スキー板の実物を持って行くとドン引きでしょうか。
(190cm前後の太板が載らないと、候補にすら入らないので真剣なのですが)

ついでにカタログをもらってきました。
HPで見れる動画の高画質版のDVDがついてます。
寧ろ、DVDがメインかもしれません。
posted by jun at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

R35 GT−R

週末、箱根でエリーゼやZ4とかが走る中に、R35 GT−Rを見つけた。
生でR35 GT−Rを見たのは初めてだった。

「あれ? 結構カッコよくないか?」
「カッコいい。」


雪道で使えて、走りとデザインのバランスが取れた
「4WDスポーツクーペ」にはずっと興味があって
ひそかに、いろいろ探している。

金額を別にして、好みと実用面だけで言えば
スキー板と山やスキーの荷物(2人分くらい)がギリで載って4WD
そして、軽快なハンドリングと加速のために、できるだけコンパクトなサイズで重量の軽いスポーツクーペがいい。
GT−Rが軽くてコンパクトであるかどうかは微妙だが
今までのR32、33、34の、ちょっと腰高なデザインから
低くすらっとしたデザインに変わっている。
デザインは、もともとZ4クーペやZ33のリヤのラインが大好きで
R35 GT−Rのクーペっぽいデザインも悪くない。
そして、調べてみると雪道での性能の高さがすばらしい(らしい)
ここは、FRで雪道を走るのが、辛くなってきた今日このごろ
ポイントが高い。

価格は777万。スペックがすごすぎて、これでも、格安らしい。
パワーやトルクとかは、そこまで要らないから
廉価版のR35 GT−Rが出れば少しは現実的なのだが。あーあ。
R32 TypeMとかじゃなくて、4WDで。
そういえば、R32にはGTS−4(4WD)とかいうのもあったかな。
せめてZ33くらいの値段になってくれないと現実味が。。

近くにレッドステージがあるので
明日の会社帰りにでも、実物を見て、パンフでももらってこよう!!

HPに載っているGT−Rの開発話も非常に面白い。

とても、車を買える状況ではないが、
夢を見るのもいいではないか。

nissan_gtr_02.lowres.jpg
ひとまず、フロントビュー(日産のHPから)

nissan_gtr_05.lowres.jpg
このリアのビューが大好きです。特にクーペは。(日産のHPから)

nissan_gtr_07.lowres.jpg
車内。ハンドルがイマイチ。いまどきはエアバックのためしょうがない!?(日産のHPから)

<参考>
日産 R35 GT−RのHP
http://www2.nissan.co.jp/GT-R/R35/0710/index.html
posted by jun at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

旅人

あー、膝が治らん。
トシなのか??

でも、明日は同期とテニスだ
できるのか? ベンチ専門か?

雪山に行けなくても
旅に出たい
雪山に行けないからこそ
旅にでようじゃないか
「旅人になるなら今なんだ〜♪」
(「旅人」スピッツ。わたしの旅のテーマ)

ふとHPを読んでいて本気そう思った。
azuo×tabibako(http://homepage3.nifty.com/azuoo/
イスタンブールなんてうらやましいなー。

山旅もいいけど、たまーには普通の田舎をぷらぷらしても楽しいかも。
時間のながれがよどんだようにゆっくりな所。
下北半島はよかったなぁ。

AKですっからかん(寧ろマイナス)なので、
選択肢は国内貧乏旅行しかない、
山陰とかどうだろうかなー
敦賀から萩、下関くらいまで行けたらいいなあ〜
「世に棲む日々」でも読みなおそうか


で、明日は
テニスだ。
posted by jun at 21:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

08アラスカの軌跡

3月/中に行って来たAKヘリスキーのGPSのトラックデータを整理してます。

地図にマッピングされたGPSの軌跡を眺めては
ああ、あの氷河の名前は○○だったんだと
あのピークがこれで、あそこから見えた海が。。。
と、この作業、実は結構好きです。


現地では、なるだけ地形と地名を覚えようと努めたけど、
あっけに取られるくらいの広さ、山の多さのため、
2日目には、早々と「もう、どうにでもなれ」と投げ出す始末。

そういえば一応、Valdezのスポーツ用品店で、National Geographicの出しているTOPO地図二つ(PrinceWilliam Sound - West(761)とEast(762))を購入しました。(記念の意味も含めて)
しかし、今回のH2Oで行った場所は、Eastの地図に辛うじて少し入る程度。
Westの方へは全然行きませんでした。
Eastの地図は、ValdezとCordovaの二つのエリアが表裏に載っているのですが、今回はちょうど二つのエリアの隙間の辺りを中心に滑ったようです。

ということで、振り返って見れば、USGSのWebで公開されている地図(TIFFデータ)が一番良かったです。というかそれしか見つけられませんでした。
ただし、Valdez-Cordovaエリアといっても、かなり広く
データが多すぎる(枚数が多すぎる)ので、かなり大変です。
カシミールのUSGS地図ツールを使うと、地図画像を切り出して繋げてくれるのでものすごく助かります。
わたしも行く前に、ノートPCにカシミールとUSGSの地図データをある程度仕込んでおいたのですが、ノートPCの画面が小さくていやになってしまいました。まあ、2日目には地形と地名については「どうにでもなれ」状態だったのですが。

ところで、自力(ヘリのチャーターなど)で滑っている方々は、地図をどうされているのでしょうか?何かよい地図が別にあるのでしょうか?

5th_day_0313.jpg
(5th dayのデータ。こんな感じになります。お勧めです。)
posted by jun at 15:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。